心理カウンセラーやメンタルケアの知識が学べる講座ガイド

「心理カウンセラーになりたい」、「メンタルケアを学びたい」あなたを応援するサイト

NLP(神経言語プログラミング)とは?

NLPとはどのような心理学なのか、日常生活やビジネスにどう活用していけるのかを分かりやすく解説。仕事で成功したい・コミュニケーションスキルを高めたい・能力を十分に発揮したい、などの目標を持つ方はぜひチェックしてください。

 

今注目を集めているNLPとは?

NLPとはNeuro Linguistic Programmingの略称で、日本では神経言語プログラムと呼ばれているものです。1970年代のアメリカで誕生した心理学の1つであり、カリフォルニア大学助教授であったリチャード・バンドラー氏と、大学院生のジョン・グリンダー氏によって開発されました。

 

開発者であるバンドラー氏とグリンダー氏は、天才的セラピストであったミルトン・エリクソン(催眠療法家)、バージニア・サティア(家族療法)、フレデリック・パールズ(ゲシュタルト療法)の治療を研究。それをモデルにして創りあげた、人間のコミュニケーションに関する新しい学問がNLPです。

 

時代の発展・変化と共にNLPは進化し、現在では医療・教育・スポーツ・ビジネスなど多くの分野で成果をあげています。アメリカのオバマ大統領や、世界的テニスプレーヤーのアンドレ・アガシ選手なども、NLPを取り入れていたことで有名です。

 

NLPとはどんな学問なの?

人間は、神経(五感:視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)と言語/非言語によって物事を認識し、その体験をプログラミングして記憶しています。たとえば、梅干しやレモンを思い浮かべると反射的に唾液が分泌されます。これは、「梅干しやレモンは酸っぱいものである」というプログラミングが体験を通して作られているからなのです。

 

人は無意識のうちにプログラミングされた行動や反応を起こしてしまいますが、その構造を化学的なアプローチで組み立て直す(リプログラム)も可能。その実践的な方法がNLPであり、この技術を学ぶことで、これまでに築いてきた膨大なプログラミングを思い通りに書き換えることができるのです。すると、心の状態を理想的な状態に変化させることができるようになり、メンタルの問題・ストレスなどを短期間で解決することが可能となります。

 

NLPは何に活かせるの?

NLPのノウハウは自分自身の変革だけでなく、他者へのアプローチにも有効。経営者・管理者・会社員・医師・看護師・セラピスト・主婦・学生など実に様々な人がNLPを学んでおり、その知識・技術を活かしています。NLPを学ぶと、具体的には以下のようなことが可能となります。

  • 仕事で成果を出す
    ビジネスで成功したい、営業やセールスの成績を上げたい、広告やマーケティングの効果を高めたい。
  • カウンセリング・コーチング能力の上昇
    リーダーに求められるコーチング・カウンセリング能力を向上させ、部下や人材を適切に育成したい。
  • リーダーシップを獲得する
    部下や同僚、仲間などからの信頼を獲得し、メンバーのモチベーションを向上・維持させたい。
  • 子育て・教育に活かす
    子供の意欲を高める言葉がけや促し方を知りたい保護者・教育者、子育ての悩みを解決したい親などに。
  • 医療・介護現場への活用
    患者の治療意欲や生きる意志を高めるコミュニケーション技術を習得したい医療従事者・介護ヘルパーなどに。
  • コミュニケーション能力の向上
    上司や部下との関係を良くしたい、夫婦関係を円満にしたい、保護者との関係を良好に保ちたい教師などに。
  • 将来のビジョンや目標を明確にして達成する
    夢を実現したい、就職活動を効率よく進めたい、スポーツや試合でよい結果を出したい。

NLPで学べるさまざまな技術は専門的なものですが、理解してしまえば誰でも簡単に日常生活に活かすことができます。学んですぐに活用できるのがNLPのメリット。あなたが望む効果をすぐに実感できるはずです。