心理カウンセラーやメンタルケアの知識が学べる講座ガイド

「心理カウンセラーになりたい」、「メンタルケアを学びたい」あなたを応援するサイト

メンタルケア心理士の資格と仕事について

メンタルケア心理士は、心理療法によるカウンセリングなどを行うことで、ストレス社会におけるメンタルヘルス(心の健康)をケアする資格です。
ここでは、医療・福祉・教育・産業など幅広い分野で必要とされる、メンタルケア心理士の資格の取り方や概要について説明します。

メンタルケア心理士とは

メンタルケア心理士は、「メンタルケア学術協会」と一般財団法人「生涯学習開発財団」の2団体が認定する資格です。特定非営利活動法人「医療福祉情報実務能力協会」が認定試験を実施しています。
メンタルケア心理士は、現実社会での生活における悩み事や不眠、人間関係、うつ病など精神的な病になる前のメンタルケアです。現代はストレス社会と呼ばれており、たくさんの人が心に病を抱えていますが、カウンセリングなどの心理療法を受けてもらうことで、心身の健康を維持できるようにサポートしていく仕事です。

メンタルケア心理士を取得するには?

メンタルケア心理士を取得するには、医療福祉情報実務能力協会が実施する認定試験を受験し、合格する必要があります。認定試験は、在宅で行われますが、受験にあたって以下のいずれかの要件を満たす必要があります。

  • メンタルケア学術学会が指定する教育機関で、メンタルケア心理士講座の受講を修了した人
  • 認定心理士の資格を取得している人
  • 産業カウンセラー初級の資格を取得している人
  • 4年制大学の心理学部、またはその関連の学科を卒業した人
    ※詳しい受験資格は、試験実施団体のHPを参照してください。

認定試験では、精神解剖生理学、精神医科学、カウンセリング基本技法などの分野からの出題と、800文字程度の記述問題が課されます。受験要件ともなっているメンタルケア心理士講座では、これらのカウンセリングに必要な基礎知識を学ぶと共に、より実践的な相談援助知識の習得も目指しています。

メンタルケア心理士の資格を活かすフィールド

メンタルケア心理士は、医療・福祉・教育・産業などの各分野で、心理関係の相談員として活躍することが多くなっています。特に産業分野では、労務の担当者が資格取得するケースも多く、企業に設置された相談室などでストレスを抱えた社員のストレスマネジメントにあたることもあります。
メンタルケア心理士は、ストレスを感じやすい現代社会において、自分自身や家族の心の健康を守ることもできる、有益な資格なのです。

心理カウンセリングを基礎から学びたい人におすすめのスクールはこちら

実際にメンタルケア心理士の資格を取得した人の体験談

  • 会社で営業職として働いていると、周りの人がストレスで体調を崩し、休職してしまうことが時々あります。そうした人々を見ているうちに、メンタルケアについて学んでみたいと思うようになったのが、資格取得を目指したきっかけでした。
    今の日本人は1人ひとりの負荷やストレスが以前よりも大きくなり、厳しい環境にあると思います。そんななか、メンタルケア心理士のような資格は、社会に求められる重要な存在だと感じます。
  • 周囲から何かと相談を受ける機会が多く、相手のためにもっと力になれるようになりたいと思って、資格の勉強を始めました。勉強を通じて、心理学の基礎的な知識を学ぶことができ、嬉しかったです。
    今後はこのメンタルケア心理士の資格をベースに、他の心理学関連の資格取得も目指し、自分自身のステップアップ、そして周囲への貢献に役立てていきたいと思います。
  • 誰かに話を聞いてもらいたい、辛く苦しい気持ちを開放したい、そんな方のお手伝いができたらと思います。話を聞いてもらうことで、気持ちが楽になり、自分らしく生きられるようになることも。楽しくいきいきとした今後の人生を歩めるように、一歩でも踏み出せるようにサポートできたら幸いです。対話を通して、明るい気持ちになったり、自分なりの決断ができるようになってもらえたらと思います。
  • 仕事は話を聞いて本人の心に眠っている気持ちや、忘れている記憶を呼び起こすことです。決して答えをだすことではありません。心理士が話を進めて誘導していくようなやり方では、カウンセラー頼りになってしまって自分だけの力で考えることができなくなってしまいます。カウンセラーがクライアントに方法を指示していくというものではありません。あくまで話を聞き、寄り添って考え、気持ちを引き出してもらえるようにサポートしていくことが大切です。きっかけ作りがカウンセラーの使命になります。
    メンタルケア心理士の資格を取った後でも、勉強会などに参加するのは有益でしょう。自分がカウンセラーとして、誤った方法でクライアントと向き合っていないかどうかといった再確認ができますよ。

関連記事