心理カウンセラーやメンタルケアの知識が学べる講座ガイド

「心理カウンセラーになりたい」、「メンタルケアを学びたい」あなたを応援するサイト

認定心理カウンセラーの資格と仕事について

認定心理カウンセラーは心理関係の資格の中では知名度が高く、信頼性の高い資格です。ここでは、認定心理カウンセラーの資格の概要や、取得方法について説明しています。

認定心理カウンセラーとは

認定心理カウンセラーは、NPO法人(特定非営利活動法人)日本カウンセリング普及協会が実施する資格です。心理関係の資格はさまざま。中でも、認定心理カウンセラーは信頼性の高い資格として、社会的な認知度も高くなっています。認定心理カウンセラーの資格取得により、医療や福祉関係、教育関連の公的機関などの業務に携われる道が開けるのです。

認定心理カウンセラーを取得するには?

認定心理カウンセラーの資格を取得するには、日本カウンセリング普及協会が実施する心理カウンセラー認定試験を受験し、合格する必要があります。資格には2級と1級がありますが、2級が初級資格となります。
認定心理カウンセラー2級試験を受けるための受験資格には、次の2つがあります。

  • 18歳以上であること
  • A.試験日までに「日本総合カウンセリング」が行う、心理カウンセラー養成講座を修了している者
    B.大学の心理学部、またはそれに隣り合う学科を卒業している者
    ※AかBのどちらかに該当すれば、受験資格を満たすことができます。

2級試験は、1次試験(筆記)と2次試験(実技)に分かれており、1次試験を合格した方が2次試験を受験することができます。
試験は、年1回で1次試験は11月上旬に行われます。しかし、受験申請は9月頃なので、忘れずに申し込みをしてください。

心理カウンセラー養成講座の内容

心理カウンセラー認定試験の受験資格となる「心理カウンセラー養成講座」は、日本総合カウンセリングが運営する、日本心理カウンセラー養成学院で受講することができます。
通常クラスは10ヶ月(全40回・80時間)、短期集中クラスは5ヶ月(全20回・80時間)の期間にわたって、心理療法について学びます。どちらの講座もカリキュラムは同じです。
講座は前期と後期に分かれ、前期講座ではカウンセリング心理学とは何かといった理論的な内容や、さまざまな心理療法の技術などを学ぶことができます。
後期講座では、ロールプレイングを中心に実践的な技術を身に付けていきます。いずれも現場で活躍するプロの心理カウンセラーが講義を担当するので、資格取得してからもすぐに使うことができる実践的な知識を身に付けることができるのが魅力です。

心理カウンセリングを基礎から学びたい人におすすめのスクールはこちら

実際に認定心理カウンセラーの資格を取得した人の体験談

  • アロマテラピストとして働いていてお客様と接していた時に、お客様が癒されたいのは身体だけではないということに気が付きました。そして、自分が心理カウンセラーだったら、ストレスや悩みを抱えているお客様が、より安心してお話してくれるのではないかと思い、学生時代に学んでいた心理学を見直すことに。といっても、きちんと資格をとりたいと思いましたが、働きながらの資格の習得は私にとっては難しいので、通信教育の機関を使うことにしました。直接スクールに通う必要はないので、通勤時間などの合間に勉強していましたが、その環境が私には良かったです。
    資格をとってからは以前よりも仕事が軌道に乗り、心理カウンセラーとしても独立。現在はホームページを使ってのカウンセリングも行っています。
  • 結婚して、子供ができてから心理カウンセラーを目指しました。母親として子育てをすることも、カウンセラーになることも、手を抜いたり、あきらめたくなくて猛勉強。心が折れそうになったときもありましたが、乗り越えてよかったと思います。カウンセラーという仕事は時間制で就業することが可能なので、子持ちの主婦でもできるところがいいです。
    また、子育てにもカウンセラーの知識が役にたっています。

関連記事