心理カウンセラーやメンタルケアの知識が学べる講座ガイド

「心理カウンセラーになりたい」、「メンタルケアを学びたい」あなたを応援するサイト

リカレント メンタルヘルススクール

メンタルヘルスケアのプロを育成するEAP専門スクール・リカレントメンタルヘルススクールの特徴をリサーチ。各コースで学べる内容とカリキュラムの特徴、取得を目指せる資格についての情報をまとめました。

 

EAPのプロを養成するリカレントメンタルヘルススクールのメンタルケア講座

リカレントメンタルヘルススクールリカレントメンタルヘルススクールは、メンタルケアのプロを養成するEAP専門スクールです。

 

EAPとはEmployee Assistance Programの略称で、「従業員支援プログラム」を指します。EAPは企業における従業員のメンタルヘルス対策プログラムとして高い評価を得ており、米国系企業を中心に導入を急ぐ企業が増加。社内にEAPカウンセラーを常駐させる企業もあり、今後の活躍が期待されます。

 

リカレントは初心者をEAPのプロに育成することをモットーとしており、専門知識を段階的に学べるようカリキュラムを設定。授業は、第一線で活躍している現役プロ講師が担当します。講師から直接指導を受けられるよう、少人数クラス担当制を導入しているのも特徴の1つです。

 

修了後は、実践の場としてインターンシップ制度・リカレント人材センターへの登録もあり。CDAキャリアカウンセラーによる個別の就職・転職サポートなども活用できます。これらは卒業後でも利用できるサービスなので、カウンセラーとして活躍したい人には大きなメリットとなるでしょう。

 

主な心理系講座

コースはすべてEAPカウンセリング講座。EAPのスキルを体系的に学べる「バリューパックコース」と、学習したい内容を選べる「単科コース」の2種類が用意されています。

 

どのコースも、メンタルヘルス初心者・業界未経験者でも安心の初心者対応カリキュラム。学んだ知識・技術は、主にカウンセリング・セラピー、キャリアアップ、営業・セールス、マネジメント、コーチングに活かすことができます。

EAPメンタルヘルスカウンセラー養成コース
ストレス・うつ病などのメンタルヘルスの知識、カウンセリング手法・心理療法などを学習するコース。現場のニーズに合わせた実践的な内容となっています。EAPメンタルヘルスカウンセラーの資格認定試験の学科免除コースであり、メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種にも対応。
EAPメンタルヘルスコンサルタントコース
EAPメンタルヘルスカウンセリングに加え、企業・組織のパフォーマンスを向上させるEAPコンサルテーション手法を学習。修了後は、EAPメンタルヘルスカウンセラーやEAPメンタルヘルスコンサルタントなど、EAPのプロとして活躍できます。
メンタルヘルス・マネジメントコース
単科コースの1つ。従業員の心の健康づくり・ストレスケア・復職支援など、メンタルケアに必要な知識を体系的に学習します。メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種にも対応。ちなみに、メンタルヘルス・マネジメント検定は大阪商工会議所の登録商標となっています。

心理カウンセラー・メンタルケア講座があるスクールを厳選比較

関連記事