心理カウンセラーやメンタルケアの知識が学べる講座ガイド

「心理カウンセラーになりたい」、「メンタルケアを学びたい」あなたを応援するサイト

介護・医療に役立てたい

医療・福祉の分野におけるメンタルケアの重要性と、医療・福祉カウンセラーに求められる仕事内容について解説。必要なメンタルケアを学べる講座を持つ、おすすめのスクール情報、資格を取得した人の体験談も要チェックです。

医療・介護業界に必要とされるカウンセラーの仕事とは

うつ病など心の病にかかる人の増加・高齢化社会に伴い、介護・医療分野における心理カウンセラーの役割は大きくなりつつあります。心療内科や精神科を受診する患者の数も増えており、1人の医師がすべての患者の声に耳を傾けていくのは難しくなっているのです。その仕事を補完するという意味においても、医療現場・介護現場における心理カウンセラーの需要は高まっていると言えます。

 

カウンセリングを受ける人は患者や要介護者だけではなく、その家族も対象です。治療を見守る、介護を行っていくのは思った以上に大変なこと。その過程で生まれるさまざまな悩みや不安に耳を傾け、解決へと導いていくスペシャリストが求められています。

 

福祉・医療カウンセラーの仕事

心理カウンセラーの資格を取ることで、医療機関・福祉施設・介護施設・教育機関などで福祉・医療カウンセラーとして活躍することができます。

 

医師の仕事は「治療」ですが、福祉・医療カウンセラーはそれだけではフォローしきれない心の問題をサポート。患者や要介護者とその家族はもちろん、医療や介護従事者のメンタルケアを行うのが主な仕事となります。

 

従事する場所にもよりますが、相談者の年齢や内容は多種多様。そのため、心理カウンセリングの知識だけでなく、医療・介護・福祉など幅広い知識と技術が必要とされます。

 

福祉・医療カウンセラーの需要は高まっていますが、十分な知識と経験を持ったカウンセラーはいまだ不足気味。就業形態としては事業所などに雇用されるだけでなく、独立したカウンセリングルームを開設することもできます。時代のニーズに沿って、今後の活躍が期待される職業と言えるでしょう。

 

必要な知識・ノウハウを学べるおすすめスクール

ヒューマンアカデミー
特徴 心理学・カウンセリングの基本技法を身につけ、メンタルケア&コミュニケーションスキルを磨ける講座が充実。
なかでも、人気のNLPはアメリカで開発された心理学の1つ。日常生活やビジネスだけでなく、医療現場でも多く活用されています。
関連講座 ■高齢者ケアストレスカウンセラー総合講座
■マスターケアストレスカウンセラー講座
■米国NLP協会認定・NLPプラクティショナー
■米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー
■メンタルケア心理士講座
■メンタルケア心理専門士講座
■メンタルケアWライセンス講座
■メンタルケアトリプル講座
キャリアカレッジジャパン
公式サイトURL
http://www.c-c-j.com/
特徴 全70の通信教育講座を持つキャリアカレッジジャパン。心理・カウンセラーにまつわる講座も16講座と充実しています。
資格取得者限定の開業支援サービスや、専属キャリアコーディネーターによる就職・転職サポートなどもアリ。
関連講座 ■メンタル総合心理講座
■メンタル心理カウンセラー
■上級心理カウンセラー
■うつ病アドバイザー

職場で資格を活かしている人の声

  • Aさん 臨床心理士、認定心理士として障害児短期治療施設に勤務

福祉系の大学に通っていた時に臨床心理士、認定心理士、保育士、社会福祉士などの資格を取得しました。現在は、心に悩みを抱えた子供のケアをする「障害児短期治療施設」という施設で、小1~中3までの20名の生徒とともに過ごしています。
施設に来ている子供たちの中には、大人に対する不信感が強かったり、自分の感情をうまくコントロールできずに乱暴な態度を取ってしまったりする子もいます。
こうした子供たちを大人の立場から叱りつけることは簡単です。それによって一時的には、乱暴な態度などが改善されるかもしれません。しかし、子供にとって、それは何の解決にもならないどころか、かえって症状を悪化させてしまう危険性すらあるのです。
重要なのは、子供たちの心の中をよく観察し、いったい何を求めているのか。それを正確に把握することが大切です。そうしたやり取りの中で、徐々に子供たち は感情を抑えられるようになり、他人に謝ることが出来るようになったりして成長します。心理カウンセラーとしてこの成長を確認すること。それが、この施設 で働く大きな醍醐味となっています。

  • Bさん メンタル心理カウンセラー、訪問介護ヘルパー

訪問介護の仕事をしていますが、ご自宅を訪問すると大変話好きの高齢者の方が多いことに驚きます。しかし、私は早くに祖父母を亡くしていたため、高 齢者の方に向けて何を話したらいいのか、どう接していいのか、その方法が分かりませんでした。ついにはある高齢者の方が「あのヘルパーはしゃべらないから 別のヘルパーに代えてくれ」と言っていたのを耳にしてしまった、苦い経験も…。とてもショックでした。それがきっかけで、メンタル心理カウンセラーの勉強 を始めました。
メンタル心理カウンセラーの資格の勉強の中で非常に参考になり、現在も仕事で活かされているのが、「相手にスムーズに話をしてもらうための技術」です。
たとえば、何か重いものを持っている高齢者に対して、「そんな重いものを持てるなんてすごい」ということを伝えたとします。褒める意味で伝えるわけですが、本人は、むしろそんなことで褒められるなんてと逆に落胆し、心身が弱くなっていくかもしれません。
メンタル心理カウンセラーのことを知れば、そういった場合の声の掛け方1つにおいても勉強になります。資格を通じ、裏のさらに裏まで人の心を読み、よく考える必要があることを学びました。

関連記事