心理カウンセラーやメンタルケアの知識が学べる講座ガイド

「心理カウンセラーになりたい」、「メンタルケアを学びたい」あなたを応援するサイト

NLP資格の種類

ここでは、NLPに関連する主な資格3種類の特徴や、それぞれの資格を保有している人の体験談について紹介しています。

NLPの資格の種類

NLPは、主に3つの種類に分けることができます。

  • NLPプラクティショナー
  • NLPマスタープラクティショナー
  • NLPトレーナー

上記3種類の資格は、日本NLP協会が認定する権威ある資格になります。
基礎的かつ網羅的な知識・技術を身に付けた人に付与されるのが「NLPプラクティショナー」、さらにレベルの高い知識・技術を身に付けた人に付与されるのが「NLPマスタープラクティショナー」、他人にNLPを指導できる水準まで身に付けた人に付与されるのが「NLPトレーナー」となります。

また、その他のNLP資格もありますが、様々な主催団体があるので、資格の数も多いです。

これらの資格について、以下で詳しく解説していきます。

NLPプラクティショナー

NLPプラクティショナーとは、コミュニケーション能力やビジネススキルの向上、思考・感情・行動などのコントロールが出来るようになる資格です。
講座では、NLPに関する基礎的な知識を学び、実践していきます。
講座内容の概略としては、資格取得に関する内容について、実際にトレーナーが手本を見せて受講生がそれを真似して行う、などといったことをしていきます。
スキルが資格取得レベルに近づくにつれて、自分自身の変化を感じ、未来を開拓していく力が身に付きます。

どんな人が資格を取得すべき?

カウンセラーのように相手の話に耳を傾ける仕事に就く、心理カウンセラー、キャリアコンサルタント、教員、各種トレーナー、保育士、看護師、子育て中の方などが取得すべき資格です。
NLPプラクティショナーという資格を持ち、独立して仕事をするのではなく、現在就いている仕事に役立てたいとの思いから、資格を取る方が多いようです。
また、会社内での上司と部下の関係を、より円滑にしたい方などにも役立つ資格です。

NLPプラクティショナーの資格取得者の体験談

講座中に色々な事を受講生と話していくうちに、自分の長所などに気付かされました。以前よりも自分の直感を信じられるようになり、決断すべきと感じたら、自信を持って早い決断が出来るようになりました。
また、謙虚な気持ちを大切にするようになり、現在の仕事で大いに役立っています。
そのほか、右脳を意識して仕事で使えるようになりました。

NLPマスタープラクティショナー

NLPマスタープラクティショナーとは、主にNLPプラクティショナーの資格と同じような事が出来るようになる資格です。「マスター」の名が付いているとおり、資格を取得するにはNLPプラクティショナーより上級レベルのスキルを身に付ける必要があります。

講座では、目的に向けてNLPの理論や技術を学んでいきます。
NLPプラクティショナーの講座より、さらにプレゼンスキルを広く深く学ぶため、それに比例してより多くの人に影響を与えられるスキルが身に付きます。

どんな人が資格取得すべき?

資格取得すべき人は、NLPプラクティショナーの場合と同様です。
しかし、NLPプラクティショナーより広く影響を与えられるスキルになります。そのため、役職者や組織の代表などに向いている資格と言えるでしょう。

NLPマスタープラクティショナーの資格取得者の体験談

マスタープラクティショナー資格の講座で学んだスピーチテクニックが、現在の仕事でも非常に役立っています。資格取得後も会話力はまだまだですが、経営者向けのプレゼンをした際、「話し方はたどたどしいのにとても説得力があった」という評価を頂けるまでになりました。
また、相手を誘導する曖昧表現「ミントンモデル」を意識して文章が書けるようにもなりました。お陰で多くのDMの中でも埋もれないようなメッセージを作成することが出来ています。
この資格は、私の営業スキルを飛躍的にアップさせてくれました。

NLPトレーナー

NLPトレーナーとは、NLPプラクティショナー、およびNLPマスタープラクティショナーの両資格を他人に発行することが出来る資格です。NLPを活用した内容を講師として受講生に教えられるスキルが身に付きます。
現在、NLPトレーナーの資格は、主に以下の5つの団体から付与されています。

  • 全米NLP協会
  • 米国NLP協会
  • ニューコードNLP
  • ICNLP
  • IANLP

どんな人が資格取得すべき?

NLPトレーナー関連の指導を行ったり、またはNLP関連の資格を付与する立場になりたい人にとっては、必須の資格となります。

NLPトレーナーの資格取得者の体験談

講義の際の同じ受講生の発言や質問、時折垣間見えるユニークな視点、プレゼンテーションでの斬新なアイディア、ランチタイムでの会話は、大きな学びとなりました。学びの中で、受講生がお互いに高めあえるところが素晴らしいです。参加を迷っていましたが、思い切って受講して本当に良かったな、と思っています。NLPトレーナーになったら、ここで学んだ事を活かし、参加者全員が楽しめて、前のめりに学ぶことが出来る講座を開きたいと思っています。そしてその後、受講生が自信を持つことで多くの成功を手に入れ、学びと自己成長の精神を維持できるような講座を提供できれば、と思っています。

その他のNLP資格

NLP資格には、上記の資格以外に、主に以下のような資格があります。NLP資格を付与している団体は複数あり、各団体から様々なNLP関連の資格が発行されています。

NLPコーチング

講座では深層心理に働きかけるプログラムを実施し、自己や他者の変革・変革を起こす効果的なスキルが身に付きます。
プログラムでは、人材育成としてグーグルでも導入されている「マインドフルネス」を導入しています。マインドフルネスは、自らの体験に対し、ありのままの現実を受け入れることです。
結果として、集中力や感情のコントロール、創造性、共感力の向上が期待できます。

NLPカウンセリング

NLPの考え方や基本テクニックを持つカウンセラーが教えてくれます。講座では、問題を過去の原因から解決するのではなく、どのように行動・思考パターンを変えたら良いか、などといった未来的な考え方に焦点を当てていきます。これにより、物事を多角的にとらえられるようになったり、集中力・コミュニケーション能力の向上が図れます。