心理カウンセラーやメンタルケアの知識が学べる講座ガイド

「心理カウンセラーになりたい」、「メンタルケアを学びたい」あなたを応援するサイト

メンタルケア関連の資格

メンタルケアの資格を取得するメリットと、民間の機関・団体が認定している主な資格について解説しています。メンタルケア心理士・ケアストレスカウンセラーなどの仕事内容と、資格取得の方法についても必見です。

 

メンタルケアの資格を取得するメリットとは

メンタルケアとは、人が抱える悩み・ストレスを解決するためのサポートを行うもの。「メンタルケア心理士」「メンタルケアカウンセラー」などの資格がありますが、どれも民間資格となっています。

 

メンタルケアの資格を持った専門家は、教育・医療・介護・一般企業などでの活躍が見込めるほか、自分自身の生活や仕事を充実させるために知識を活用することもできます。そのため、資格取得だけでなく、さまざまな理由でメンタルケアを学ぶ人が多いのです。

  • 医療・福祉・介護などの仕事に活かしたい
  • ボランティア活動に役立てたい
  • 人とのコミュニケーションを良好にしたい
  • 会社の部下のメンタルケアに活用したい
  • 教員として生徒の気持ちを深く理解したい
  • ひとつの知識としてメンタルケアを学びたい

メンタルケアを学べるスクール・通信講座は数多くありますが、大切なのはその内容。これまでの受講生数(実績)や体験学習の多さ、テキストの分かりやすさ、サポートは充実しているかなどをチェックし、自分に合ったスクールを選ぶようにしましょう。

 

メンタルケアの主な資格

メンタルケアにはさまざまな種類があり、どのプロフェッショナルを目指すかで勉強の内容も異なってきます。

メンタルケア心理士

メンタルケア心理士とは、相談援助知識を持った心のケアアドバイザー。メンタルケア学術学会と、一般財団法人・生涯学習開発財団の2団体から認定を受けた資格となります。

通学制でも通信教育でも学ぶことができ、自宅で試験を受けることも可能。資格を取得すると、心理カウンセリング・メンタルカウンセリングの研究や、科学者としての活動もできるようになります。

ケアストレスカウンセラー

年齢やさまざまな環境で悩み・ストレスを抱える人に対し、専門知識と技術を持って的確にアドバイスをする専門家。他者に対してだけでなく、個人のストレス対策にも有効です。財団法人職業技能振興会が認定する資格であり、さまざまな種類があります。

  • 企業中間管理職ケアストレスカウンセラー
  • 高齢者ケアストレスカウンセラー
  • 青少年ケアストレスカウンセラー
  • ケアストレスカウンセラー

メンタルケアカウンセラー

心の病を防ぎ、メンタルの健康を保つためのカウンセリングを行う専門家。学んだ知識は日常生活に広く活用できるだけでなく、自身のメンタルコントロールにも役立ちます。メンタルケア学術学会と、一般財団法人・生涯学習開発財団からダブル認定を受けた資格です。

メンタルケアを学べるスクール

ヒューマンアカデミー
特徴

通学制・通信講座のどちらでもメンタルヘルスを学習することが可能。心理カウンセリング・メンタルヘルスに役立つ「NLPプラクティショナー」や、メンタルケア学術学会が認定する「メンタルケアカウンセラー」資格(公的学会認定資格)などを取得できます。
初心者でもしっかりと知識・技術を身につけられるステップアップ学習法を採用。メンタルケアカウンセラーの通信講座では、約3ヵ月が標準学習期間となっています。

リカレント メンタルヘルススクール
特徴 メンタルヘルス対策のプロフェッショナルを養成するEAP専門スクール。EAP(Employee Assistance Program)とは従業員支援プログラムのことであり、主にビジネス関連のメンタルヘルスを学ぶことができます。
大学の心理学科・大学院の専攻レベルの内容を初心者でも習得できるよう、段階的なカリキュラムを組んでいるのが特徴。修了後は、年に2回行われる試験をパスすることで「EAPメンタルヘルスカウンセラー」「メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅰ種・Ⅱ種」を取得可能。

関連記事